財団の概要

名 称 公益財団法人 みずほ教育福祉財団
設立・沿革 昭和47年3月30日 財団法人はあと記念財団設立(当初基本金2億円)
平成14年8月 1日 財団法人みずほ教育福祉財団に名称変更
平成25年4月 1日 公益財団法人に移行
設立経緯 第一勧業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)発足を記念して、第一勧業銀行及び第一勧銀心友会(現瑞朋会心友会部会)の基金拠出により設立。
設立目的 わが国の文化の発展、社会福祉の増進に寄与することを念願し、初等中等教育並びに社会福祉に関する事業に対しての助成を行う。
事業規模
(平成28年度)
事業助成総額  4,960万円
(1)初等中等教育事業関係  2,010万円
山間地・離島等のへき地教育     1,310万円
  −設備助成              585万円
  −研究助成              725万円
特別支援教育               700万円
  −設備助成              550万円
  −研究助成              150万円
(2)社会福祉事業関係     1,950万円
事業助成                 1,950万円
(3)配食用自動車寄贈事業          1,000万円
助成実績
(平成28年度まで)
設立以来の累計・・・・・・・・・・・・・・・・・・28億335万円
初等中等教育関係事業 ・・・・・・・・・・・・・・ 9億9,812万円
社会福祉関係事業・・・・・・・・・・・・・・・・15億9,467万円
配食用自動車寄贈事業・・・・・・・・・・・・・・ 1億4,899万円
その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6,157万円